禁煙のカギはニコチン受容体にあり!?

一大決心をして禁煙を始めても、何日かたつとどうしてもタバコが吸いたくなったり、イライラして物事が進まなくなったり、やる気がでなくなったりという経験は多くの人がしているでしょう。特に今までずっと長期間タバコを吸い続けてきたり、ヘビースモーカーであった人の場合、急にニコチンの摂取量を減らしたりニコチンを断ったりすることで、上記のような禁断症状が出やすくなります。中にはうつ状態に陥ってしまう人もいます。この症状に耐えられずに、禁煙に挫折してしまうパターンがほとんどです。
ですので禁煙を成功させるためには、このニコチンの禁断症状をいかに抑えるかがカギになります。そもそもタバコを吸うとなぜ気分がよくなったり、おいしく感じたりするとということですが、これはタバコに含まれているニコチンが脳内のニコチン受容体と結合することで、ドーパミンが放出されるためです。ドーパミンはセロトニンと同じように幸福や快楽を感じさせる物質であるため、タバコを吸うと心地よく感じたり、おいしいと感じるのです。その性質を利用したのが禁煙補助薬のチャンピックスです。チャンピックスに含まれる成分はニコチン受容体に結合して少量のドーパミンを放出することが可能になりますので、タバコを吸わなくてもニコチンの替わりになり、禁煙時のイライラやうつ症状を抑えることができるのです。また、チャンピックスを服用していることで、常にニコチンが補充されているような状態になっているため、本来のタバコによるニコチンの補給を行おうという気持ちが少なくなってきます。このように、受容体の作用を上手に利用してニコチンや喫煙への欲求を少なくしていくのが、禁煙成功のコツであると言えるでしょう。