中古ドメインは被リンク数にもよりますが、新規ドメインよりも上位表示されやすいです。一方場合によっては中古ドメインを使うのがリスクになることもあります。このサイトでは中古ドメインを探している方に向けて情報を発信していきます。

上位表示されるために中古ドメインを探す男性

中古ドメインの担当者情報とわかりやすくした使い方

中古ドメインを利用すればウェブサイトの評価が一気に上ると言われていますが、実際にはどの中古ドメインでも評価を持っているわけではなく、購入前のしっかりした調査が必要です。また、購入にあたって、誰かが使っていたドメインということもあって担当者情報なども気になる方が多いようです。中古ドメインについては担当者情報はレジストラが代行していることが多くなっています。ドメインは所有者がはっきりするのが一般的ですが、COMなどについてはレジストラが代行で所有者情報を出すことができます。。実際の所有者はわからないので購入した後移転してくれないのではないかと怖がる必要はありません。転売サイトの場合、所有権を移すのは購入後すぐに行えることが多くなっていますし、問題になるケースは皆無です。ただし、個人売買の場合は移管のタイミングなどをしっかり調査しておく必要があります。中古ドメインを選ぶ際のPOINTはわかりやすく言えばインデックスとブラックリストのチェックとなります。バックリンクも調査する場合もありますが、上記2点をチェックしておけばひとまず安心です。インデックスについては検索サイトでドメイン検索をすればよく、数が多ければ多いほど価値があります。また、インデックスには中古ドメインが評価されているPOINTがわかります。キーワード、カテゴリは特に注意して作成するコンテンツをインデックスに合わせる必要があります。また、ブラックリストについてはメールアドレスのブラックリストをまとめているサイトで検索可能です。一度でも載ってしまったドメインはさまざまな制約がついているので利用には注意が必要になりますので購入は避けたいところです。