中古ドメインは被リンク数にもよりますが、新規ドメインよりも上位表示されやすいです。一方場合によっては中古ドメインを使うのがリスクになることもあります。このサイトでは中古ドメインを探している方に向けて情報を発信していきます。

上位表示されるために中古ドメインを探す男性

中古ドメインで注意したい認証失敗と効果の違い

中古ドメインは手軽に購入することができるようになったのですが、いくつか注意したいポイントがあります。1つめは購入後にレジストラ移管をする際に認証失敗をしないということです。レジストラ移管はほぼWebサービスで行うようになっています。メールで手続が送られてきて、認証することで移管作業が終わります。多くの場合、数日で終わるのですが、認証の際、パスワードやキーワードが求められることがあり、それを間違うとすべての移管作業がやり直しになるケースがあります。認証に必要なキーワードなどは適時送られてきますので注意して扱いたいものです。2つめは中古ドメインの効果についてです。中古ドメインの効果といえばウェブサイトの価値を上げてくれることですが、どの中古ドメインでも効果があるとは限りません。効果の有無の違いは事前調査をどの程度やったかにかかっています。中古ドメインを効果的に利用するには中古ドメインが持つ検索サイトでの評価とバックリンクを把握しておくことです。検索サイトでの評価はインデックスとして得られます。インデックスは検索サイトでドメイン検索をすれば出てきます。インデックスにはカテゴリやキーワードが含まれていますのでこれから作るウェブサイトの参考になります。カテゴリやキーワードとかなり違うウェブサイトにすると中古ドメインの効果が薄れる結果となります。中古ドメインの効果についてはインデックスをどの程度活かすかにかかっています。バックリンクもPVの安定化に重要です。SNSでのリンクは長く残ります。また、検索やリツイートなど、古いリンクが掘り起こされるケースも多いです。そのため、リツイートなど、拡散されているリンクは出来る限り活かすことが大事です。