ニコレットで本当に禁煙できるの?

疑問に思う男性

禁煙補助薬として以前から禁煙治療においても持ちられてきたのがニコレットであり、医療において用いられるということからきっと禁煙を実現することができるだろうと信じる人も多くなっています。しかし、本当に禁煙ができるのかということを疑問に思ってしまう人も多いのが事実でしょう。その真相は本人の意志の強さに大きく依存すると言わざるを得ません。あくまで禁煙を補助するための薬であるのがニコレットであり、禁煙に苦労している人の助けになるだけであって、喫煙の魅力に負けてしまう意志の弱さがあると禁煙は実現できないと言わざるをえないのです。
そのため、ニコレットによる禁煙プログラムが提供されているものの、その注意書きとして禁煙開始の前に禁煙の意思を固めましょうということが記載されています。ニコレットによって実現できるのはタバコに含まれているニコチンに対する依存症をタバコへの依存からニコレットへの依存へと切り替えることができるというものであり、タバコを嫌いにする効果があるわけではありません。
タバコを吸うことの魅力の一つをニコレットに置き換えることによって禁煙を行いやすくすることができるというのが仕組みです。ニコチン依存症になっている人にとってはこういった補助薬がないと禁煙できない場合がほとんどであり、少しずつタバコを減らしていくといった工夫を長期間にわたって行っていかなければなりません。しかし、ニコレットを使用すれば明日にでもタバコをやめるということも意志さえ固ければ実現することができます。そのため、あくまで補助薬であるということを前提にして考えることが大切であり、強い意志をもってすれば禁煙を妨げるものが減るという理解をしておくことが大切です。