中古ドメインは被リンク数にもよりますが、新規ドメインよりも上位表示されやすいです。一方場合によっては中古ドメインを使うのがリスクになることもあります。このサイトでは中古ドメインを探している方に向けて情報を発信していきます。

上位表示されるために中古ドメインを探す男性

中古ドメインの探し方と落とし穴

新規ドメインを取得する場合は、希望のドメインをまずは検索することから始まりますが、中古の場合は希望の名前で探すというよりも、売りに出されているものの中から選択していくという流れになります。そのため、なるべく沢山のサイトで比較しながら探すのが良いでしょう。
その比較の方法ですが、中古ドメインは被リンクの状態に左右されますので、被リンクを調査することが主な作業になります。具体的にはAhrefsなどのツールを使用します。これらのツールでは中古ドメインのURLを入力することによって被リンクの総数を知ることが出来ますが、総数だけでは優劣の比較はできません。その被リンクが良質なものであるかどうかが重要になります。
たとえば、被リンクがスパムサイトのものであったりする場合には、たとえ数が充実していても、SEO的に優れた被リンクとは言えないでしょう。被リンク元がセキュリティ上問題のあるサイトであったりする場合も同様です。あるいは、被リンクのアンカーテキストに大量のキーワードが不自然に盛り込まれていたりする場合も、サーチエンジン側でそれら被リンクがスパムと判断されてしまうケースも考えられます。または、同一のドメインから大量の被リンクを受けているような場合も、サーチエンジンのアルゴリズムでマイナスの評価を受ける可能性があります。
また、場合によっては、これら被リンクが問題になるというよりも、その中古ドメイン自体の過去の運用に問題があるケースが考えられます。Googleによって既にペナルティを受けているような中古ドメインであった場合には、そのペナルティを解除することからまずは運用をはじめなければなりません。
したがって、このようなマイナス要因を避けるためにも、中古ドメインの取得は慎重に作業を進めることになります。